アンパンマンミュージアムにいってきた

誕生日2日前、早めの御祝いでアンパンマンミュージアム名古屋に行って来ました。

 

朝11時に出て子は車で昼寝。

着いたら併設のアウトレットでご飯。

しかし寝起きで食欲がなかったのかパンを一口食べて終了。

 

ミュージアムにつくと、顔がぱあっと明るくなり、入り口近くの巨大な積み木とアンパンマンの仲間たちオブジェでひとしきり遊んでいました。

 

その後はミュージアムの建物内へ。

中ではキャラの人形が住むミニチュアの街並みを見たり、靴を脱いで入れるスペースでアンパンマンのおもちゃで遊んだり、滑り台で滑ったりしました。

滑り台はスタッフさんが誘導してくれるんですが、人見知りの息子は緊張してなかなか滑れずお姉さん二人になんとか滑らされてました。

 

建物出てお茶をあげてたら、リュックを引っ張ってお腹が減ってきたアピがあったので、おにぎりを買って食べさせ。

海苔はアンパンマンが切り抜かれていてかわいかった。

 

その後は屋外のバイキンマンの乗り物やアンパンマン号に座ったり、パン工場の仕掛けに夢中になったり。

また、ミュージアム横にキャラ顔のボールがごろごろ置いてある広場があり、ハァハァしながらボールを運んだり投げまくったりしていました。

寒空の中、汗までかいてたよ。

 

だいたい回ったのでそろそろ物販。

パン工場へ行って子の要望を聞きつつアンパンマン、チーズ、ソーセージがはさまったパンを購入。

お店出たら食べたくてゴネゴネだったので、アンパンマンの顔をあげたらがぶりと食べてて可愛かった。。

でもおにぎりも食べてるので、半分こしようね~とだいぶ小さくして渡してその場は誤魔化しました。

が、これは僕の‼と言わんばかりにその後はパン工場の袋を持って離さない。

そうこうしているうちに中央広場でショーが始まり。

子はアンパンマンが出て来たらちょっとニコッとしてました。

後ろのほうで抱っこでみてたら、疲れもあって子のテンションが下がって眠そう。

4時間ぐらいずっと動き回ってたしなあ。

ショーが終わる少し前ぐらいで帰路につきました。

 

 

親側の感想としては、2歳には程よい広さ、ほどよい難易度で楽しめるアトラクション豊富。

軽く食べれるところもあり、幼児連れてくるには素晴らしい施設。

アンパンマン濃度が高くて親は食傷気味です。

軽食はそんなに高くなかったけど、パンは一つ300円だったり風船は1000円↑だったりお金がふわふわと飛んでいきましたね。。