バッグジプシー

ママバッグについて語りたい記事です。

 

妊娠中、産後に備えてママバッグ欲しいよね~と浮かれ思考でプレイヤーズのキルティングトートをメルカリで購入。

大容量でそんなに高くないのが欲しかったんです。

たっぷり入るのが良くて、1ヶ月健診では重宝しました。

でも重すぎてトートは持つの辛いしポケット多くてもどこに何いれたか忘れるしデザインが実は好みではなかったので数度使ってまたメルカリへ。

 

トート微妙だわーと思うようになってから、リュック欲しいなと思うように。

でもまた微妙な感じになったら嫌だ、しかし高いのは嫌になったときにまた微妙なので安めがいい。。

で、子が数ヶ月くらいのとき、大容量マザーズリュックとして人気だったマリメッコのバディ、によく似たkevinaのリュックを買いました。

半分以下だったんですよねー。

これが大正解で、何でも突っ込めるしリュックだから重くても大丈夫。

入れすぎるとさすがに肩痛いけども。

子が歩くようになってからさらに真価を発揮。

両手が空くし、軽量荷物の日なら軽くスーパーで買い物しても入れられるし、水遊びに行くときはタオルや着替えを詰め込んでも受け入れてくれる大容量が良いです。

 

なお、トートも一応欲しいよなーと、メルカリでリプシムのトートを漱石さんで購入。

こちらも一歳ぐらいまでは近場の外出に使用。

自前でジッパーつけてガバッと開かないようにしたり。

今は宿泊時に子の食料をまとめる袋として使っています。

 

 

その後、子が2歳付近で荷物がぐっと減ったので、容量小さめのリュックが欲しいなと思い。

合成革の小さいリュック買ったらもう全然入らなすぎて駄目で。

ある程度の容量でお洒落めでお安いレガートラルゴを買ったんですけど。

容量とポケットの数はいいんだけど、肩が痛くなるー。

オムツと着替えくらいならいいけど、水筒とかいれだすと途端に痛い。

Kevinaリュックは痛くならないし肩への密着感も良いので、お前いい奴だったんだね。。と再評価。

 

 

最近はkevinaリュックを通勤でも使用しています。

 

しかしバディサイズはでかいので、マリメッコのメトロを買おうかなと悩み中。

もしくはアウトドアメーカーのリュックならさらに肩への負担が少ないのではと思いを馳せて検索していますが、なかなか通勤にも使用できるデザインが見つからず。

まあ悩んでいるうちが一番楽しいのよねー。