指しゃぶりを止めさせるまで

息子は生後数ヶ月くらいから指しゃぶりで寝付くようになりました。

以前、ネントレを試したときに自力で習得してくれたのです。

 

それからはグズっても指しゃぶりでセルフねんねしてくれることも多く、親としては多大な恩恵に預かりました。

しかし2歳を過ぎてまだ指しゃぶりしており、歯並びのことを考えると流石にそろそろ止め時かなと思っていました。

 

 

①チャレンジ一回目、2歳2ヶ月

保育園入ってからだと止めさせる期間の昼寝が先生方大変よね。。と思い、入園前に一度チャレンジ。

使用したのはバイターストップという、苦いマニキュア。

なめると後引く苦さが強烈。

ひたすらに苦い。

とれにくそうなのでこれを選んでみました。

なお言い聞かせもしてみましたが効果無し。

手を繋いで寝るも怒り泣き叫ぶので断念。

 

試した日、塗った直後、オイシーのポーズをする息子、マジで?と思ったけどしばらくすると苦い様子。

眠いけどしゃぶれないーとグズグズ。最後は眠りたいが勝ってしゃぶってた。

 

次の日。

苦くても指しゃぶりしている。

まだ味覚の発達が十分でないのか。

途中で確認すると、しゃぶりすぎてバイターストップが取れていた。執念すごい。。

 

三日目。完全敗北。

塗って乾かしたら早速舐めて、止めようとしたらオイシー!のポーズ。

えぇ…と思って舐めてみたらめっちゃ苦かった。味覚大丈夫か。

その後眠りながらしゃぶり、朝には苦くなくなる程剥げていたので敗北を悟りました。

2歳ぐらいだとまだ味覚が発展途上の場合もあるみたいなので、また期間をおいて指しゃぶり止めはチャレンジすることに。

バイターストップは4歳からというのをどこかで見たので早いのかもしれない。

 

 

②二回目のチャレンジ、2歳6ヶ月

歯科検診で指しゃぶりはなるべく早く止めたほうがいいよと指導を受ける。

その場では、言い聞かせたり、歯科医など他人に恥ずかしい事だよって言ってもらうとよい、手を繋いで寝ると良い等指導いただく。

しかし、一緒に聞いてた夫が指しゃぶりはもう早急に止めさせようと張り切りだし、その日の夜からバイターストップを再使用することに。

 

子は指を出して塗ってと要望。

しかし乾いてから、つけた指をしゃぶるとニィィガァァァーイニィィガァァァーイニィィガァァァーイと半べそかいてた。

味覚が進歩したんだね。。

可哀想だけどがんばれ。

 

初日は舐めれずグズグズしながら就寝。

ちょこちょこ起きるも眠さに負けて寝る。

朝は眠そう。熟睡できてないのかな。

昼寝でグズると先生方に迷惑だろうと朝にはやすりで落として登園。

金曜夜からあらためて塗った結果、しゃぶらずに目をつぶってしばらくすると寝るようになりました。

 

その頃、風邪ひいて熱と咳で夜間ちょくちょく起きてお茶を飲む状態に。

指しゃぶりしてたら唾で喉が潤せていたんだろうか。。と思って塗るのやめてたら風邪治りかけの頃にちょっと復活。

 

元気になってから再度バイターストップを塗るようにしたら、今はしゃぶらなくなりました。

やめさせた後は、寝付かしに少し手こずるようになったかなあ。

色々やりつつ指しゃぶりで眠くなっていたところ、今は絵本読んでお茶飲んで、子が眠ろうと目をつぶらないと寝ないので、そこまで時間がかかる感じ。

まあもう体力ついてなかなか寝なかったので誤差みたいなもんだけど。。

また、夜中目覚めた時にチャーチャ、ダイダイとお茶を飲みたがるようになった。

指しゃぶりで喉を潤してたんだろうな。

 

同時期に風邪引いたのはきつかったけど、意外とスッと止めてくれて有難いです。

味覚と記憶力が成長したのが良かったのかな。