年少42週目 鬼こわい

・子が腹筋の真似して何回かやったら即お腹めくってぽよんとしたお腹をさすりながら、減った?減ったかなぁー?ってやっててめっちゃ笑った。

完全に夫の真似。。

 

・明日は鬼が来るかな?(園のイベントで)という話をしたら、子は頑なに鬼は来ないよと繰り返し、お面かぶってるのとも言っていた。

怖いんだなあ。

お面なのはわかってるけど怖いんだなあ。

明日たぶんくるから頑張れ

 

恵方巻きって10年ぐらい前にふわっと出てきた文化という認識。

なので特にイベント性もなく普通のご飯。

子どもが大きくなって食べたがったら子どもの分は買うかな。

巻物は私も夫も好きじゃないから食べないんだよね。。

 

 

・子がおっけーおっけーとかやるぞぉーとか適当めで気が抜ける感じの対応をするんだけど自分の口癖コピーなのでえもいわれぬ気持ち

 

 

・園の発表会、今年は泣かずにお歌歌ったり手の仕草できてたああああ。

嫌がらずにその場に立ってただけでも御の字なのにかぁわぁいいいい。

移動したら親の姿を見失って心細そうにキョロキョロしてるのもまたかわわわだった。

 

・寒かろうと裏起毛トレーナー(下は半袖肌着)を着せたら、風呂前にこれ暑かったー!と言って脱いでたのでつよいなって思いました。

外では寒がるけど園の中はあったかいもんなー

 

 

・冬寒いのはなぜという問に、

地球が地軸傾けて太陽の周りを回ってるからとこの冬答えてたら、

 

ふゆがさむいのはぁーたいようのまわりをこーしてまわってるからだよねぇー

 

と言うようになった。幼児から地動説が出てくるのおもしろ。。。

 

恐竜ははるか昔に隕石が落ちて居なくなったという話を読んだら、いんせきおちてこない?って聞いてきた。

小さいのはいっぱい落ちてきてて、絶滅するぐらいのはこの先確率は低いが落ちるかもと答えたら不安そう。

未来の心配してたのかー?と、そうそう落ちないよと訂正。

安心そうにしてた。

想像力が働くようになってるんだなあ。

 

この話が出た絵本は「なぜなにふしぎえほん」。

子がなんでなんで期なので買ってみた。

程よくわかりやすいけど誤魔化してなくて良いです。

子はエレベーターとしんごうの話が好き。

他に国や地域の本もあるので買いたい。

 

・いつも布団を蹴り飛ばして転がり出ていく先でごめん寝してるところを布団かけたり引きずり戻したりしてたんだけど、昨日は寒かったためか出ていっても自ら布団に戻ってきててかわいい